もつ鍋ランキング急上昇中!

アレンジもご自由に!

  • もつ鍋アレンジ例1
  • もつ鍋アレンジ例2
  • もつ鍋アレンジ例3

電話番号/070‐6511‐2965
受付時間/14:00~20:00(土曜・日曜定休)
メールでのご注文は365日24時間受付中

簡単な美味しいもつ鍋の作り方!

用意するもの

  • 本商品(特製もつ、秘伝スープ)
  • キャベツ、もやし又は豆もやし、にら
  • (お好みで)ごぼう、マイタケ
  • 豆腐(木綿豆腐をお勧めします)
  • 唐辛子などの薬味(お好みで)
  1. キャベツ、もやし又は豆もやし、木綿豆腐、(お好みで)マイタケ、ごぼうをそれぞれ食べやすい大きさに切り分けておきます。
  2. 用意した具材を本商品と一緒に鍋に入れます。
    ※山笠のもつ鍋はもつとスープが一緒になっているため非常に簡単です。
  3. 更に一番上にニラを乗せ、ニラに火が通るぐらいまで煮込みます。
  4. お好みの薬味を入れて出来上がり!ご家庭でも簡単に本格もつ鍋が並びます!
もつ鍋の具材を鍋に入れる様子 もつ鍋が簡単に出来上がった様子

こだわりの博多もつ鍋

「また食べたくなる。癖になる。あとを引く。やみつきになる」とよく言われますが、その訳は元気のもつ鍋のスープには独特の「コク」があるからです。
そしてその「コク」とは「おいしさ」や「旨さ」の重要な要素なのです。
それでは「コク」とは何か分析しますと、極めて複雑な要因が絡み合い、それが絶妙なバランスがとれた時に発生するものと言われています。
伝統的な日本の料理の「コク」を支えてきた味醂の甘味、もつ肉の脂肪とイノシン酸やアミノ酸の旨み、醤油のアミノ酸とグルタミン酸のダシ、それにニンニク、鷹の爪、キャベツの甘味等が絶妙に絡み合って(まるで化学反応が起こったように)生まれるのが当店のもつ鍋です。

女性にも人気の理由

当店のモツ(小腸)は全て博多より毎日仕入れております。
ほとんどのモツ鍋専門店では生モツを一度冷凍していますが山笠では新鮮な生のモツにとことんこだわっております。
生のモツに独自の仕込みを行うことによりスープにもつの旨味、コラーゲンが溶け出しモツ独自の臭みも少なく、あっさりと召し上がって頂けます。

電話番号/070‐6511‐2965
受付時間/14:00~20:00(土曜・日曜定休)
メールでのご注文は365日24時間受付中